福島市で不動産買取を検討!仲介か買取かの判断が重要!買取時に金額が下がる理由とは

福島市で不動産買取や土地の査定を進めるうえでは、「仲介」と「買取」それぞれの特徴を整理し、目的に合わせて選択することが求められます。こちらでは、土地買取と仲介の違いや、不動産買取において売却金額が相場より低くなってしまう理由について解説いたします。

土地買取と仲介の違いは?

福島市・不動産買取と仲介の違いの解説イメージ

土地を売却したい場合、不動産会社と交わす契約には2種類あります。

  • 仲介:土地を第三者に買い取ってもらうため売却活動を不動産会社に依頼する
  • 買取:不動産会社に土地の買取を直接依頼する

両者の大まかな違いは上記のとおりですが、重要な違いは「価格」と「時間」に関するものです。

  • 仲介のほうが高額で売れる可能性があるが、売却まで時間がかかる
  • 買取のほうが低額での売却になることが多いが、短期間で売却できる

以下で、もう少し詳しく解説いたします。

土地売却をするなら知っておきたい買取・仲介の違い1.価格

まず買取においては、相場よりも低い金額になることが通常です。低いケースでは市場価格の50%程度、通常であっても市場価格の80%程度になります。高額で買い取ってもらえるとしても、市場相場の90%が限界だと考えておきましょう。一方、仲介は一般消費者に向けて広く売却活動を行うため、市場価格に近い金額での売却が期待できます。ただし、買い手が付かなければ値下げする必要があります。

土地売却をするなら知っておきたい買取・仲介の違い2.時間

仲介よりも買取のほうが売却にかかる時間は短いです。仲介は契約後に一般消費者に向けた広告・売却活動を行い、買い手を探します。一方、買取の場合は契約後すぐに不動産会社への売却手続きを進めるため、期間が短くなります。
買取の場合は最短で3日~1週間程度での売却も可能です。仲介の場合、不動産会社による売却活動で買主を見つけ出す必要があるため、短くても3~4ヶ月程度かかるのが一般的です。

金額が下がっても早期に現金化したい場合は不動産買取、時間がかかってもなるべく高額で売却したい場合は仲介がおすすめです。

土地買取ではなぜ市場価格よりも低くなる?

ブロック・電卓

土地の買取を選択すると、原則として市場価格よりも売却金額が低くなってしまいます。こちらでは、その理由について解説いたします。

不動産会社の買取の目的は再販

買取においては、不動産会社は土地を買い取ってそのまま終了するわけではありません。買い取った後に再販することが最終的な目的です。この際、市場価格と同等で買い取ると利益が出せません。また、再販にかかる費用も回収する必要があります。利益や経費を買い取った金額に上乗せする必要があるため、仲介よりも低額になるのです。

より客観的な金額が付けられる

買取では、仲介よりも客観的な判断で金額を付けられることも要因の一つです。一般消費者は必ずしも市場相場や、それ以下の価格で購入しようとするわけではありません。どうしても気に入った物件であれば、多少金額がかかっても手に入れたいと思うケースもあります。しかし、買取はこうした現象は起きません。あくまでも客観的な判断で金額を算出するため、仲介時よりも低価格になりやすいのです。

売主側の事情が影響することもある

売主側の事情によっても、低価格になりやすい要因があります。買取を希望する方の中には、「多少安くなっても、早期に売却したい」という方も多くいらっしゃいます。理由としては早期に現金が必要なケースや、相続や財産分与のためなどが想定されます。現金化を急いでいる場合ほど、あまり良いとは言えない条件で買取契約を進めてしまう可能性が高まります。

福島市の株式会社かんの不動産総合では、お客様のご要望に合った不動産買取の提案・活動を行っております。「なるべく早期に売却したい」「なるべく高い金額で売却したい」などのご希望があれば、まずはお気軽にお問い合わせください。

不動産売却・査定の依頼時は「仲介」「買取」の判断が重要!

不動産売却や査定の話を進めるうえでは、仲介と不動産買取のどちらを選択するか、しっかりと判断する必要があります。価格と時間の2点において両者には違いがあるため、目的に合わせて選択しましょう。不動産買取は金額が安くなる傾向にありますが「土地や住宅を早期に現金化したい」などの場合には、選択するメリットがあります。

希望に沿った不動産売却を進めたいとお考えの際は、株式会社かんの不動産総合までご相談ください。福島市を中心に、地域密着で不動産に関する様々なサポートを行っております。福島市での不動産買取(土地・住宅)はもちろん、相続不動産や空き家の売却・相続対策のアドバイスにも対応いたします。