福島市で不動産買取を依頼!準備したいこと・伝えたいことの整理が重要

福島市で不動産買取の見積もり・査定依頼するにあたっては、住宅ローン残高の確認など、準備しておきたいことがいくつかあります。事前準備や希望などを伝えておくことで、不動産会社は適正な査定がしやすく、売却活動もスムーズに行えるようになります。こちらでは、不動産会社に見積もり・査定依頼をする前にしておきたいことや、実際に見積もり・査定を行う際に担当者へ伝えておきたいポイントをご紹介いたします。

査定前に住宅ローン残高などの確認を!

住宅ローン計算の書類

不動産の査定を依頼する前には、以下のような準備をしておくとスムーズです。

住宅ローン残高の確認

確認しておきたいことの一つが住宅ローンの残高です。売却金額によって返済できる残高であればよいですが、売却してもまだ残高があるようでは売却できません。住宅ローン残高は売却計画にも関係してくることがあるため、早期確認が必要です。

書類の確認・準備

必要な書類の確認や準備も事前に行うことをおすすめします。例えば、戸建ての場合は以下のような書類が求められます。

  • 土地の境界を確認できる資料
  • 土地の実測図
  • 建物の設計図書
  • 建築確認申請書
  • 検査済証
  • 越境に関する覚書(必要に応じて)

境界と利用履歴の確認(戸建ての場合)

戸建ての場合、土地の境界と利用履歴の確認も行っておきたいところです。境界は、引き渡しまでに確定させなくてはなりません。また、土壌汚染や地中障害物の有無を確認するために、利用履歴のチェックも重要です。

修繕履歴の確認

修繕履歴とは定期的な維持修繕の履歴を指し、売却の成否や金額に影響する要素です。いつ、どこを修繕したのか確認しておくことが重要です。外壁塗装やシロアリ予防などは、修繕履歴でいう「修繕」に該当します。

売却時期と売り出し価格の決定

実際にいつまでに、いくらで売るのかも決めておきたい要素です。売り出し金額よりも成約金額が低くなることは多くあります。また、住宅ローン残高を売却金額が下回ることはできません。これらの情報をもとに、売り出し金額を決定していきます。

相場の確認

物件の相場確認も事前にしておきたいことの一つです。相場が把握できていれば、最低額の提示を受けた際の検討材料になります。

不動産売却の準備についてご不明な点があれば、株式会社かんの不動産総合までお気軽にご相談ください。「早期の売却」「できるだけ高く売りたい」など、お客様のご要望に合わせたご提案・活動を行います。

査定依頼時に担当者へしっかり伝えておきたいポイント

家のフィギュア・電卓

査定依頼時には、不動産会社の担当者にしっかりと伝えておきたいポイントがあります。

マイナス要因

まず伝えておくべきなのが、不動産におけるマイナス要因です。

  • 物理的瑕疵:雨漏りの箇所や傾き、地中汚染など
  • 法律的瑕疵:法令により制限されていること
  • 心理的瑕疵:過去の事故や事件などの有無
  • 環境的瑕疵:異臭や騒音、日照に関する問題など

売主には契約不適合責任があり、マイナス要因を伝えないまま売却して後に発覚した場合、損害賠償や契約解除に至る可能性があります。

プラス要因

マイナス要因だけでなく、以下のようなプラス要因も積極的に伝えたいポイントです。

  • 交通的な利便性の高さ
  • 耐震診断の結果
  • 駐車場
  • など

自分の希望

後悔のない売却活動のためには、希望を伝えることが非常に重要です。

  • 売りたい時期
  • 希望最低金額
  • 連絡の取り方
  • 近所の人に知られたくない
  • など

特に売りたい時期や金額はあらかじめ伝えておきたいところです。後悔しないためには、「こんなことを言っても大丈夫かな…」と思うことでも、遠慮せずに不動産会社へ相談するようにしましょう。

不動産会社に見積もり査定を依頼する前には準備が必要

不動産会社に査定を依頼する前に、住宅ローン残高の有無、境界の確定など、準備をしておきたいポイントがあります。また、不動産会社に依頼をする際は、住宅に関するマイナス情報やプラス情報をしっかりと伝えることも重要です。売主としての希望を担当者と相談しながら、後悔のない売却活動につなげていきましょう。

株式会社かんの不動産総合では、地元に根差したプロによる少人数運営により、お客様のご要望に合わせた小回りの利く対応を得意としております。早く売りたい方にはスピーディーに、高く売りたい方には時間をかけてでも高く売れるようにと、ご希望に合わせて調整いたします。不動産買取に関してご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。