福島市での不動産買取前に確認!評価額の指標と買取の契約方法について理解しよう

福島市で不動産買取や見積もりの依頼を検討している方もいらっしゃるでしょう。満足できる不動産買取を目指すなら、評価額を決定する基準や買取の細かい種類について理解しておくことをおすすめします。こちらでは、不動産買取における路線価や公示地価などの主な評価額の指標や、買取の種類について解説いたします。

不動産の評価額とは?

虫眼鏡・クエスチョンマーク

不動産における評価額とは、物件の価値がどれくらいなのかを示す金額です。一口に評価額といっても、その算出方法や目的によって多数の種類があります。

公示地価

公示地価とは、国土交通省が毎年発表している標準地の1平方メートルあたりの地価のことを指します。2名以上の不動産鑑定士が、現地調査を実施したうえで決定します。公共事業においては、土地取得価格のベースに採用される指標です。

基準地価

基準地価とは、各都道府県が発表している全国にある基準値の1平方メートルあたりの地価のことです。1か所につき、1名以上の不動産鑑定士が現地調査のうえで決定します。

路線価

路線価とは、国税庁が発表している相続税や贈与税などの税額を算出する際にベースとなる価格を指します。公示地価のおよそ7割になります。国税庁の「路線価図・評価倍率表」を利用して確認できます。

実勢価格

実勢価格とは、市場において実際に取引されている価格のことです。もし取引が行われていなければ、周辺の取引事例などをベースに推定されることもあります。不動産買取時の参考価格としても積極的に活用されます。

固定資産税評価額

固定資産税評価額とは、固定資産税の税額を決める際に基本となる土地の評価額です。公示地価の8割程度になるように決定されます。固定資産税の納税通知書や、固定資産税評価証明書などによって確認できます。

物件の評価を行う際は上記のいずれかを参考にします。同じ不動産でも、基準によって金額が異なることが通常です。また、同じ評価基準でも土地と建物によって考え方が異なることもあるでしょう。どれが正しいというものではなく、あくまでも目的に応じて使い分けられています。より詳しい内容を知りたいときは、不動産のプロに相談することをおすすめします。福島市や周辺エリアで不動産を手放す予定の方、査定や見積もりの依頼先をお探しの方は、株式会社かんの不動産総合にお任せください。

2種類の買取方法について

家のフィギュア・電卓

不動産買取は、不動産会社が直接物件を購入する方法であり、早期かつ確実に買い手がつくのが大きなメリットです。不動産買取の方法には「即時買取」と「買取保証」の2種類があるため、違いを理解しておきましょう。

不動産買取の種類1.即時買取

即時買取はその名のとおり、不動産会社が買主となって契約後すぐに不動産を買取する方法を指します。即時買取の場合、最短で3日~1週間で売却が済むこともあります。契約後に売却活動を行う必要がないため、手続きがスムーズに進む点が大きなメリットです。また、内見を実施する必要もなく、1回の訪問査定だけで手続きを進められることが大半です。
ただし、即時買取の場合は価格が市場相場よりも低くなってしまうのが通常です。市場価格の50~80%程度になるため、「金額にはそれほどこだわらない」「早期に売却を進めたい」といった方におすすめできます。

不動産買取の種類2.買取保証

買取保証は、仲介契約に買取の要素を組み合わせた方法です。まずは仲介契約を結び、一定期間売却活動を行います。定められた時期までに買い手がつかなければ、買取金額にて不動産会社が買取を行う仕組みです。
「最終的には確実に買取してもらいたいが、市場価格に近い高額で売却できる可能性も残したい」と考える方には、買取保証が適しています。ただし、途中までは仲介契約同然であるため、売却活動中に買い手が見つかり売買契約が成立した場合は、仲介手数料が発生する点には留意しましょう。

不動産買取の見積もり依頼なら福島市の株式会社かんの不動産総合へ

不動産を査定する場合には路線価や公示地価など、様々な不動産評価額の指標を基準・参考にします。また、買取には即時買取と買取保証の2種類があります。それぞれの特性を理解し、目的や状況などに合わせて選定することがポイントになります。

株式会社かんの不動産総合では、福島市における不動産売却の相談を承っております。地域密着型の特性を活かしたスピーディーな対応と、お客様のニーズに合わせた提案を得意としております。また、買取価格は提示した査定価格をもとに、お客様のご要望を考慮したうえで決定させていただきます。福島市で不動産買取をご検討している方は、お気軽にお問い合わせください。